猫を飼い始めました〜病院受診〜


さて、ケガをしたはっちゃんをなんとか保護することができました。
公園では、私を見かけると、ミャ〜と甘えた声で鳴きながら走りよってきた可愛いはっちゃんですが、
いざ家に連れて帰ると、大パニック!!

部屋のなかを逃げ回り、とうとう部屋の片隅で固まってしまいました。
少しでも近づこうとするだけで、シャーシャーと唸って怒こります。
お腹が空いているだろうと思い、大好きな猫缶のごはんを持っていっても、牙をむいて威嚇します。
触ることも近づくこともできず、その夜はそっとしておくことにしました。

翌朝も、やはり部屋の片隅で固まっていたはっちゃんですが、
足のケガが気になるので、動物病院に連れていかなければなりません。
捕まえようとすると、すごい勢いで逃げ回り、私も爪で引掻かれました。
それでもなんとか捕まえて、キャリーバックに入れることができました。

いざ病院に連れていっても、やはり大人しくはしてくれません。
子ネコといえども、本気で抵抗するとすごい力で、爪も出してきます。
獣医さん、看護師さん、私の3人かかりで抑えながらの診察となりました。
(獣医さん、看護師さん、本当にお世話になりました。)

前足先には噛まれたような跡が二つあり、小さな指がパンパンに腫れ上がり、膿も出ている状態でした。
見るからに痛そう!
傷口をきれいに洗って、抗生剤を投与してもらい、
「まだ若くて抵抗力も十分にあるので、しっかり栄養を取れば大丈夫でしょう」、とのこと。
ほっと一安心し、帰宅の途につきました。




Copyright © 2016 いろはいろ日記 All Rights Reserved.