猫を飼い始めました〜その後のはっちゃん〜


はっちゃんが我が家に来て、1ヶ月が経ちました。
足のケガは日に日に回復して傷口もきれいになり、健康状態も良好です。
少しずつ家にも慣れてきました。

しかしながら、警戒心が全くなくなったわけではありません。
私の方から近づいたり、抱っこしようとすると、反射的に逃げます。
夜は寒いからと思い、いっしょに布団で寝ようとしますが、逃げ出してしまいます。
やはり本棚の上が落ち着くようで、そこに作ったはっちゃん用のベットで寝て過ごします。

それでも、カーテンレールの上で固まって、牙をむいて威嚇していた頃のことを思うと大進歩です。

以前は、人がいないときを見計らって、ごはんを食べたり、トイレを済ませたりしていましたが、
今では、私がいても平気でごはんを食べたり、トイレをすることもできるようになりました。

私が外から帰ってくると、ミャ〜と甘えた声で鳴くこともあります。

またブラッシングが大好きなようで、ブラッシングをして欲しいときには、何気に私のそばに寝転んでおねだりします。
そして、ブラッシングをしたり、撫でてやると、喉をゴロゴロ鳴らしてよろこびます。
そのまま私のそばでリラックスして眠ることもあり、そのときは、可愛らしい寝顔を見ることができます。

そしてまだ子ネコですから、遊ぶことが大好きです。
猫じゃらしや新聞紙など使って遊んであげると、夢中になって遊びます。

こうして少しづつ、いろいろなことに慣れていくのでしょう。
その様子を見ていて、ひとつひとつのしぐさが可愛くて、笑顔になります。
これからもよろしくね、はっちゃん!




Copyright © 2016 いろはいろ日記 All Rights Reserved.